5.26

f:id:go_nni_10:20180527015928j:image

今日は一年ぶりに精神科に行った。

前通ってたところは発達障害だとはじゃないと分かったところで興味がなくなってしまい勝手に行くのを辞めたのでなんとなく行く気が起きなくて別のところにした。

 

ここの先生は短い簡単な質問を私が答える形式だったのですごく楽だった。

前のところは辛さをうまく言語化できないのにただ漠然と辛いことや来た理由を聞かれて、伝わらないのがしんどかったから。

 

所見では、性質的に過敏であるため、天候や体調に精神面が引きずられやすいとのことだった。

こう(天気が悪いとか体調が悪いとか)だから今は辛いんだ、と意識するといいらしい。これは普段気にかけてるからオッケー

常用している頭痛薬も、飲めば飲むほど感覚を過敏にしてしまう作用があるからよほど辛くないときは我慢して飲む頻度を減らすといいと言われた。

あとは血管とか筋肉の話をされて、体が疲れやすくなってるからストレッチとか軽い運動をするよう勧められた。

 

割と普段私が不調の原因だと思っていることを言ってないのにそういう傾向があります、みたいに即答されたのが嬉しかった。

今思うと短い質問で核心に迫ってくるのアキネーターのおじさんっぽくてちょっと面白かったな。

精神科に行こうと思ったのはここしばらく毎日飲んでるブースターがなくなるからなんだけど、それも今飲んでる分がなくなる頃に処方してくれると言っていたので良かった。