1.29

私が死んでる間に好きな芸人がまた逮捕されてる。好きっていっても名前知ってる程度なんだけど、賞レース本選いける実力あるのに順位が伴わなくて本人らが望む売れ方まだしてない(らしい)のに、こんな形でテレビでバンバン名前を見ることになるのはつらい

 

*****

バイト1は正規で働いている人たちや、働いていたけど結婚して…みたいな経験がある人たちばかりのところで、そちら側ではない私は居場所がうまくつくれない

というか話をしていて人間レベルや視点が違うと勝手に劣等感から壁を作ってうまく雑談に加われないのがよくない

話題や人間性の前提がそもそも違う気がしていて、会話が噛み合わない。友達がおり、学校を卒業でき、そのまま就職ができた上澄みの人たちばかりだとグジュグジュ思っている。生きづらいとか人の話していることが理解できないとかそういう次元で苦しんで、ただ生きているだけの生きていることだけで精一杯な私とは違う、目的を持って毎日を生きている人たちばかりで、そういう人たちは私みたいな人間を理解できないとかちゃんと卒業できなかったからちゃんと就職できなかったからだめだと判断して攻撃してくる敵だ…敵ばっかりだ…

考えていることをそのまま言葉にするとやばい。人から直接言われたわけでもない被害妄想で、何でもないような人の態度からそう受け取る思考がやばい。側で判断するならそちらではないのが多数のバイト2でも馴染めていないのでおかしな話である。

これを四六時中頭の中で何万回も繰り返している。頭がおかしくなったのもわかる

 

最近おすすめされた本があまりにも良くて、できるだけ書いてあることを実践できるように心がけているのだけれど、やはり物事を0と100で判断してしまうことを避けるのは難しく、原因やだめだったところを分析して次に活かすような反省をすることと紙一重になっている。反省をしているつもりがこいつほんとにだめだなどうしようもないなとなり、勝手に精神が落ちていくのだった

自分にかけた暗示は恐ろしく強力な魔法(呪い)で、本当にその通りになりつつある

 

関わる人間全員が敵と味方じゃない人たちで私を嫌っていると思うとその場にいる一分一秒が苦しく、バイトに行きたくない

バイト先に隕石落ちろとかずっと寝ていたい、もう辞めちゃおうかな…とドラえもんみたいに押し入れに布団をいれてそこで寝ようとする

あほ高校に通ってた頃にあまりにも行くことがつらくて親に内緒でずる休みしていた頃によくやっていた。朝、携帯から声音を変えて担任に電話して休むと伝える→家にいると怒られるので布団を押し入れにしまってその布団にくるまって親から隠れる→親が部屋に来て私が学校に行ったか確認しにくるのでそれをやり過ごしたら、学校に行かなくて済む………このときの安心した気持ちを追体験したくて今でも押し入れで寝たくなる

これを繰り返していたら授業日数が足りなくなり、電話も通じなかったので(電話線抜いていた)困った担任が直接家にきて発覚してできなくなってしまったけれど

 

*****

ドラえもんはどうでもいいんですけど、バイトすら続けられなくて辞めちゃおうかなと思う自分が情けなくてなんだか悲しくなってしまうんですよね

ここで辞めたらずっと何も続けられないんだろうなと思うのでこの先2年は辞めないと決めていますが、この仕事を一生の仕事にすることは私には難しいんじゃないかと思っていてそれが苦しいです。足りないものが多すぎる。私は反出生主義なのでそういう思考や宗教が違う対極の人間たちと関わり、それが半永久的に続く人間関係は維持できない、窒息してしまう。なんでこの仕事をしようと思ったんだ…

何かを積み上げたことがない人間は、何も積み上げられない。何かを成し遂げるには、成し遂げた経験を積み上げるしかない。一つの成功が自信になって次の成功を引き寄せるとそういうことなんです。ここで辞めたら次はもっと簡単に辞めるんでしょうね

だからどうしても辞めるわけにはいかない

 

なので何で辞めたいのかからどうしたら続けられるかを考えました。辞めたい理由は人間と上手く関われない→頭の中の理想の自分とかけ離れた自分を知るのがきつい

どうしたら続けられるかはちょっとわかりませんでしたが、あと2年やり過ごすには日々の業務をストレスなくすすめることが大事なので、そのために必要な能力を習得できるように練習を極めていくしかないと思いました

 

変な妄想にとりつかれるのは何もしてないからなので何かをする時間をつくること、平日は食う寝る以外でストレスを発散できていないので、好きなことを見つけることを目標にします。今はエグゼイドとビルドが熱いので特撮を見ることと絵を描くことにします。

あとは体力がなくて1月は処理落ちしまくったので、バイト2のシフトをちょっと減らします

 

広告を非表示にする