1.26

食って寝てバイト、爆食い爆睡バイトバイトバイトみたいな1週間だった

年末くらいから帰宅後すぐにお風呂に入り全身に保湿クリームを塗ることを続けられていたのに、お風呂すら入れず歯だけ磨いて着の身着のまま布団に潜り込みギリギリまで寝て汚い体でバイトに行った。もう何もかもがどうでもよくバイト行くことだけがやらなきゃいけないことの全てだった

 

風呂に入れないことが、コンタクトにできないことが、身だしなみに気を配れないことが、何もかもだめな私を構成して自信を奪っていく。人の話を理解できず、まともに会話ができず、同じ失敗を繰り返し仕事ができない自分だけが強化されていく。気がする。

でもちゃんとバイト行けたからえらかった。休まなかった。えらかった。

 

さすがに今日はちゃんとしたかったので、前にもらった薬の残りを飲んだ。人の言うことが気にならなくなり、被害妄想やそこから生まれる行き場のない憎しみが収まるような気がする

通院して継続して薬を処方してもらいたいんだけど、今の私には難しい。自分の辛さや生きづらさを適切に伝えることは困難で、医者の言うことも信じられず責められているように感じるのでもう行きたくない