1.15

買った机が届いた。机うれしい。楽しみだといったら楽しみだねと受けとめてもらえるあたたかさがあった

梱包してたダンボールが大きくて場所を取るのですごく嫌なので明日になったらもう少し小さく刻んでまとめる。あとは床がまた汚れてきたので掃いたり、掃除機をかけたり、コロコロやりたい。掃除をどうにかして習慣づける

布団カバー、新しいやつを買ってもらったのでふわふわになる洗剤で洗って乾燥機かけにいって、追い立てられるように布団を押し込めた。なんだか慣れないことばかりしてるせいで気持ちが動揺してるのか落ち着かない。布団にくるまったら、ふかふかであったかくて穏やかになった。

 

私は妄想でつくった仮想世間とか仮想他人の目に怯えて、その仮想連中の気に食わないようなことはしないように生きているような気がしている。そういうふうにしてるから自分が分からなくなったり、なくなったりしてしまうのだろう。私のことを許さないのは世間でも他人でもなくて私自身だ。

早く早くと生き急いでいるのは、今の自分がただ漠然とだめなのは分かっていてそれをどうにかしたいのにうまくできなくてもがいているせいだ。ちゃんと働くとかちゃんと社員にとかそういうレールを外れてしまったからその遅れを取り戻そうと焦っているのかもしれない

妹にフリーターだと申告したときの情けないと思う気持ちが尾を引いているようだ

外れてしまったのだからちゃんとやらなきゃって焦ってできなくて転んで立ち上がれなくなるくらいなら、どうせ外れてしまったのだから本来の自分のペースで生きてもいいのかもしれない