12.12

f:id:go_nni_10:20171212115822j:image

よく押せてる

 

仮面ライダーの映画を子どもに紛れて見に行ってきた。リアタイで放送されてるやつを映画で見るの久しぶりだったけど、最新話と話がリンクするの興奮した。

前情報なしで見に行ったので大槻ケンヂが出てきたときテンションが最高潮だった。あまりに聞き覚えがある声とおなじみのひび割れメイクに私はもうそこらへんからあまり記憶がない はまり役すぎませんかね…鬼ファンキー…

 

ギャグもバリバリで御成とエグゼイドの人が勝利の法則キメてたので、メインのエグゼイドを見てなかったことを後悔した。これ見てたらもっと楽しめたんだろうな…

御成は出てきた瞬間の周りの子どもの反応で笑ってしまった…おなり!おなりだ!!みたいなざわつきが確かにあった。愛されている…

最低限タイトルになってるビルドは直前話必修、次点でエグゼイド・オーズ、フォーゼとゴーストはメインのキャラと役回りがわかってれば十分、鎧武は主人公がまどかエンドなのを知っていれば楽しめそう

ゴーストは本編とスピンオフだかのスペクター見ないと御成どうしたってなりそう(なった)

オーズは泣かせにきていたのが印象的だった。めちゃめちゃ本編を丁寧に拾ってくれてた。パンフレット読んだら脚本の人が同じで監督が当時の助監督らしくて納得した。これは感情移入してみてほしいところだからオーズは全編見てから映画見てほしい…誰か…仮面ライダー見て……

全編通してレジェンドもエグゼイドもビルドも自分らのテーマというか仮面ライダーとしての使命を引っさげて出てくるからそこも熱かった。龍我の成長物語っぽさもあった。主人公側というよりはメタ視点というか視聴者側の視点に立ってくれている存在というか…

仮面ライダーが平行世界にたくさん存在するって設定がうまく機能してた。

フォーゼ本編見てないけど全ライダーと友達になる男だ!ってところでちょっと不覚にもウルッとした。本編見てないけど。

エグゼイドはゴースト見終わったらどうにかして履修していきたいんですけど、ゴーカイとデカレンが今熱くてとにかく戦隊も熱いので時間が足りない…キュウレンジャーもミタインジャー…ああ…………

広告を非表示にする