10.21

f:id:go_nni_10:20171022022840j:image
少し前の

 

他人から拒絶されているような感覚がずっとつきまとっている。バイト先でそういうことを考え出すとキリがなくて分からないことを聞くときも躊躇してしまい、やっと自分の気持ちを抑えこめたときには相手が忙しくしてるときや何か対応してるときなど最悪のタイミングで話を切り出してしまって余計身動きがとれなくなってしまう。自分の都合ばかりで生きている

一挙一動何もかもが最悪で間違っていてもうなにをどうしたらいいか分からない。苦しい。生きていくことは難しい。生き方を上手な人の頼り方を誰も教えてくれない、自分で気づいて矯正していかなきゃいけないことばかりだ

誰かにそれであってるのか間違ってるのかいちいち承認を得なきゃ生きていけないのか私は

バイト先にいる2つ下の学生の子のほうが私よりよっぽどしっかりしていて自分の行動に対する自信が満ち満ちていて堂々と要領よく生きている。そういう人間が一番怖い

 

人の言葉を勝手に借りますが、ネットでみかけた「賢い人が誰かをいじめるときは相手を選んでいる。こいつなら(その人のために)誰かが怒ったり悲しまない、自分にデメリットがないから」って言葉がずっと心に引っかかっている。

そのとおりだと思う。味方がいない人間は弱い。人とうまくやれなければ排除される。私みたいな人間は排除されようが誰も気にとめたりはしない。どこにも居場所がつくれなかった人間の末路だ

 

少し前かずっと前か、夢の中で(私がいなくなったら)さみしいよって言ってもらえたような記憶がある。誰かにそう言われたい深層心理がそうさせた夢か改ざんされた記憶だと思う。懐かしいようなさみしいような気持ちがする。

こうやって頭がおかしくなるのはきまって低気圧でぐじゅぐじゅになっているときだ。何もしたくない、ずっとずっとずっと寝ていたい

広告を非表示にする