3.27

f:id:go_nni_10:20170327230554j:image

だいすきなカフェオレ。ちょっと遠くのスーパーだけで売っていて、ここぞというときに飲む特別なやつ

 

病院に行った。ちゃんと伝えたいこととこれまでの経過をまとめていったおかげでスムーズに話せたと思う。よかった、ちゃんと用意したかいがあった。

先生には現段階ではっきり言えませんが…と前置きされた上で統合失調症の可能性も否めませんと言われた。発達障害があるかも調べられるので、いくつか知能検査をうけましょうという話で今日は終わり。

病院行けたのに、また戸惑っている。想像した結果が出ても出なくても私は私だ。それなのに揺らいでしまう。ああ…

出された薬も聞き慣れたもの、お薬を多量摂取してしまう女性のブログをよく見ていたから名前だけ知ってる。自分に近しいものを感じて読んでいたけど、私は画面の向こう側で他人事だと思っていたのか、こんなに身近な薬なのかと感慨深かった。

やっぱり心のどこかで普通ですと言われたかったのかな。自分のことを受け入れがたく思う気持ちがある。どんなに大丈夫だって思っていても本心じゃなかったのかな。強がっていたのかな。言ってることが支離滅裂でくるしい。やっぱり私はみんなと同じ普通がよくて諦めがつかないんだ。

私が怖いのは、自分の診断名を言い訳にして何もしなくなること。こんな社会で毎日楽しく生きてる人なんか一握りで、みんな何かしら抱えて生きてるのに、私だけ苦労せずに生きていい訳がない。

特に私は気分の浮き沈みが激しくて浮かれてるときはヘラヘラしてるから何でもやろうとするし甘えてるように見える。絶対に呆れられて見放される。これ以上他の人に離れていかれたら私は自分を保っていられない。やだやだ行かないでそばにいてが許される年齢はとうに過ぎている。

 

検査受けて結果が出るまで先のことを考えてあれこれ不安にするのよくない。

一番不安だった就労の話は、失敗経験を重ねることを避けなければいけないので、経過を見てからのほうがいいと言われた。どうしよういてもたってもいられなくてむずむずする

 

広告を非表示にする