読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3.10


f:id:go_nni_10:20170310201058j:image
頼んでいた本が届いた。本を買ったのは久しぶり

 

今日はカフェオレ色のカーディガンを買って、無くしてしまったリップを買い直した。お店に行くと目移りしてあれもこれも欲しくなってしまう。もう少し服を買い足したいんだけどが、ま、ん、のときだな。今は。

 

 *****

ようやく病院に予約をこじつけることはできたけど、当日にドタキャンをするんじゃないかって不安になってきた。やっぱり無理だってまた逃げるんじゃないかっていう不安。自分が一番信用できないのがつらい。自分のことや今の生活を変えたくて病院に行くことを決めたのに。

 

私はいわゆる自称発達障害で、発達障害の傾向はあるけど診断はされてない。それが悪いところで発達障害だから〜って甘えてる部分がたくさんある。

自分にそういう傾向があるって気がついてから、私は「発達障害だから」こうしよう、こうしなきゃ、これはできない、できないのは仕方ないってやってきた。

ネットの診断では当てはまるもの思い当たることはいくつもあって、発達障害の人はこうするといいみたいな方法はできる範囲で取り入れてきて少し気を配れるようになったこともあるし、向いてないからやめようって思って性に合わないことは辞めた。

そうやってここ数年やってきたので、診断名がつかなかったとき私はどうなるのかが怖い。私の·「できない」理由はどこに求めればよくなるんだろう。今までそれを自分に求めてきて、努力してきた(つもりでいる)けど努力ではまかない切れず何もできなくなった。それが悪化するんじゃないかと思うと今度は本当にやりようがなくて、何に救いを求めればいいか分からない。

 

診断名がつこうがつかまいが、私は私だと思える強さがほしい。それでいい、って納得して生活できる体や頭が欲しい。私が本当にほしいのは診断名じゃなくて、周りの人みたいに普通に働けて、普通に人と話せて、普通に暮らすそういう生活が欲しいのかもしれないとやっと気付けた。

 

普通に相手の指示をうけて、状況にあった判断や行動が取れる。普通に人と話しているとき相手の言いたいことをくみ取る力があって会話がキャッチボールになる。普通に家事をしたり仕事をしたり遊んだり寝たりすることがバランス良くできる。

普通になんかできない。普通ってなんだ。私にはできないことが普通だ。

 

広告を非表示にする