5.10

f:id:go_nni_10:20170510174128j:image

おいしいカフェオレ

 

どこにいても自分のニセモノ感が拭えなくてどうにかなってしまいそう。本物の私はどこにいるんだ…

頭で考えていたことがうまく体に伝達できずに反応が一歩遅れてしまい指を少し切ってしまった。頭と体がうまくつながらない感覚と付き合っていくことは難しい。

頭自体腐ってるから鍛えれば少しマシになっていくのかな、頭鍛えようとすると必然的に体を動かすことにもなっていくので超絶健康体を目指したい。昔の私は20歳になったら死のうと思っていたのでいいとおもう

今は21さい、今年で22さいなので長生きしたなあといった感じ。私は生涯死ぬまで無事でいる

 

*****

今日は面接だった。アルバイトといえちゃんと働ける気がしない…敷地内に入った瞬間に不安になってしまった。働いてる人たちがみんなきらきらしていて元気で、馴染めないような気がしている

雰囲気よかったし、馴染めればいい職場なんだろうなといった感じ。でもみんな気が強そう&芯が強そうで、逆にそうじゃないと務まらないんだろうな。ああ…

 

面接で聞かれたことも、アルバイト採用だったし深くは聞かれず、低気圧やら何やらで躁からフラットな状態に戻ったことが幸いして、素の自分に近いような感覚で質問に答えられたと思う。形式的なやつは大体聞かれることを予想できるからある程度は対応できることがわかった。

正直面接で人生もう無理になってると思っていたけれど、その後の施設案内のほうがよっぽど苦痛だった。担当者と雑談しつつ移動することの難しさ…何話していいかわからない、質問はとんちんかん、話は広がらない、挙句のはてに階段踏み外して、ああ私は私だなあと感慨深くなってしまった。前だったら落ち込んでいたけどもうこれ治らないやつだ。頭と体がうまく繋がらない。とりあえず笑ってごまかしておいた、あはは

 

手応えとしては、年度始めで人手不足のところだから採用してもらえそうな雰囲気だった気がする。いやでも雰囲気読み取るの苦手だからわからない。人間わからない。

やることはやったし、面接の質疑応答はなかなか私としては流暢に話せていたから落ちてもいい、次受けたとして落ち着いて質疑応答できれば面接だけはどうにかなりそうな気がしてる。はじめは真面目そうって印象をかわれて、そこから人間関係でドジってうまくいかないことが多かったからあくまでスタートにしか過ぎないんだけれど、それでも前進したな。ちゃんとがんばれそう、よかった

 

久しぶりにスーツを着て気持ちがぱりっとしたのもよかった。年相応に見える気がする

広告を非表示にする

5.9

f:id:go_nni_10:20170509234852j:image

ホットケーキをたいたときの写真

 

今日も結局だらしない格好のまま市役所にいって手続きしてきた。役場の人におそらく免除かかるでしょう、と言われて少し安心したけど胸はれることじゃないな

当たり前のような顔をしてみんなが当たり前に生きていてそれが不思議で混乱する。何かが足りないのは私だけな気がして

良くも悪くも自分が特別だと思うという変な方向につっぱしってだめになるので、あまり考えないようにしたいんだけどむずかしい。節操のない生き方をしてる

 

明日は面接で、なんだか一番来てほしくないタイミングで落ち込みつつある。受かっても受からなくてもいいようなやけくそみたいな気持ち、自分のことなのにどこかで他人事。

でも受からなくても違うところに面接しにいくんだろうな、頭が変になりそうでいてもたってもいられない。やることや熱中できるようなことがあれば違ったかもしれない。

お金がとても好きなので、おおよそをシュミレーションしていたけれど、働けばどんどん税金かかって予想していたよりも自由にお金を使えないんだなと思ってさみしくなった。大人になったのにね

寝る場所や食べるものには困らない生活だからそれは本当にありがたいことなんだけど、どうしてもこの家から出て一人で暮らしたい。がんばりましょう目先のことだけでも

広告を非表示にする

5.8

f:id:go_nni_10:20170508221255j:image

腹を潰すと歌うやつ

 

8時半に起きて、妹をあほんだら学校に送迎、たまご焼きつくる。失敗する。スパイダーマン見ながらごはんを食べて、書きものしたり調べものしたり市役所行ったら1日がおわった。

年金やら税金やら払わなきゃいけないお金のことを調べてたら具合悪くなってきたし、生きてるだけでこんなにお金が必要になるなんてちょっとむなしくなってくる。

情報弱者はどんどんむしり取られていく制度ばかりだな、むずかしい言葉ばっかりだしまず読んだところで何言ってるかわからないのだった…

わかるまでいっぱい調べて何とか書類とか必要なものは把握したので、明日また市役所にいく。必要なものはわかったけど、自分が適用されるのかはわからなかった…かなしい

あとは市役所のひとに任せよう よくやった!

 

ちゃんと学校卒業して就活して働いていたらこんなことにはならなかったのかなってたられば考えちゃうけど、いやそんなの絶対むりだった私には。目は腫れてるし、市役所でくそったれ学校の同級生に会うしなんだこれは…

やろうと思ってた事は今の今まで忘れていて手つかずで終わった。もうだめだ

 

住んでるところに求人なくて少し離れた場所を選んだの間違いだった気がする、少し街の方だし悪いことばかりではないんだけど、万が一受かったら、体力気力が足りない自分がどうなるのか考えるだけでも怖い。

自分が決めたくせにばかだな、明日はちゃんと化粧してから外に出ようとおもった

広告を非表示にする

5.7

f:id:go_nni_10:20170508002520j:image

おいしいやつ

 

おいしいものを食べて、嬉しいと思うことがたくさんあったのにそれでも家に帰るとだめになってしまう嫌でも現実と向き合うことになるからかもしれない。

働くことについて、これでいいのかな、もう少し私が不適応起こさないような仕事もあるんじゃないのかなって考えて調べてみるんだけど、私が仕事にできることは何もない気分になって落ち込んでる。

前も働く前に馴染めるかな大丈夫かな不安だなって思って結局馴染めなかったし大丈夫じゃなかったのでもう無理なのかもしれない。壊滅的に不向きな方に突っ走ってる、何が私をそうさせるんだろう

とりあえず先のことを考えるのは今度の面接の結果次第だって言い聞かせて今の生活が疎かにならないようにしたい

 

広告を非表示にする

5.5

f:id:go_nni_10:20170505111409j:image

スイート・メモリー

ピクミン2のお宝でアイスがあったらそう名前をつけると思う。あまくておいしかった

 

もうほんとに考えられない勘違いしていて、自分のアホさ加減に呆れてしまった。全身から力が抜けていくよ。私の人生だしどうでもよくなってきてしまった、まだ年齢で制限がかからないからそう思えるんだろうけど…

この人生どうでもよくなる感覚が人生をだめにしてきてる気がする、かといっていい方向にいっている自分も想像できない。ため息でちゃうよ

ちゃんとしてる大人なんてこの年になるまでまともに知らなかったし、みんながみんなちゃんとしてるわけじゃないし、ちゃんとしてなかったら淘汰されてしまうんだろうけどそれもそれでいいのかなといった感じだ…怠惰だ……

 

広告を非表示にする

5.4

f:id:go_nni_10:20170504152054j:image

 サイケデリック後遺症

 

スケジュール組むやつ、前日におおかた決めておかないと行動できない。ダラダラ寝てしまったり無為に時間を過ごしてしまった。決めた時間通り朝起きられないと、布団から出られずぼーっとしてしまう。昨日体を動かそうとはりきりすぎたために体が疲れていてだるい、ひどく眠い。行動的にするのは諦めて午睡の時間ぶち抜いて今日はまんが読んでぼーっとする日にする

全力出し切ると息切れしてその後が続かないので、毎日できるような軽めの負荷をかけて習慣づけたほうがいいんだなあということが分かった

 

こんにちワークして面接の日取りが決まって腹を決めたはずなのに、間があいてしまうと気持ちがたるんで何にもやりたくなくなってしまう。一回楽を覚えてしまうと抜けない、好きな時間に起きて好きなだけ眠れるこの生活から抜け出したいのに、手放したくない。

バイトだし正社員として働くのに比べたら時間は短いし気持ちも軽いけど、体力使うと思うし通うまでが少し大変で、やる前から心配になっている。社会復帰できるのかな、受かってもないのに落ち着かない。気を抜くと顔がにやにやしてるみたいで、よく不信感を与えてしまう。とりあえず飯にしましょう、うまくいかなかったらそのときに考えます

広告を非表示にする

5.2

f:id:go_nni_10:20170502231320j:image

フレッシュネス

 

今日は何時になにをやるかっていうのをまとめてその通りに行動した。やりたいことは全部できた、しびれるぜ

集中力の限界が15分とか90分とか何とかって聞いたことあるけど、飽きちゃった星人やらやりたくないおばけの誘惑に弱いので、そういうのが来ないうちに次あれ次これって行動切り替えていくのは性に合ってる。終わったときに次やることが決まっているのがいい。何かをやらなきゃいけないのに行動に移せないのと、やろうと思ってたことを忘れてしまうのがいっぺんに解決されて気持ちよかった。

アラームがびーびーなると、やりたくないけどとりあえず取り掛かろうって気持ちになるのすごい、音に生活を支配されてる感じは小学生のころに戻ったみたいだった。そう考えると時間割のシステムってうまいことできている

広告を非表示にする