職場が壁の塗替えするために鉄骨まみれになっているんだけど、不注意で思いっきり足場の飛び出たところに激突して目の下を打撲してしまった。ジャイアンに殴られたのび太状態で、目の周囲が青く内出血してまばたきすると鈍く痛む。

えらい人に素で何やってるの…と言われてしまったのがちょっときつかった。たぶん目の下ぶつけちゃいましたって報告したときの私のテンションと怪我の度合いが釣り合い合わなくて奇妙だったんだろうな

 

その人の娘と私は同い年で、他の人に私を紹介するときに年齢差から娘のような〜って例えをしてくれたことがあって、それが本当に嬉しかったのをバイトの帰り道によく思い出す。この人が母親だったら、よかったのにな。その娘さんは誰もが知ってる大企業に勤めている。今日が誕生日だから3連休の間にディズニーに一緒に行ったって話をしていて、あるアトラクションのスポンサーだから特別ゲートで入らせてもらったのよ年甲斐もなくはしゃいじゃったってきらきらした目で話していた。そんな自慢の娘には、なれないな。もらったお菓子のお土産を食べながらそんなことを思い出していた。

 1時にかけもちしているバイトが終わって帰ってきて、水筒を洗おうと誰もが寝静まった家のリビングで電気をつけた途端に音も立てないさわさわさわ〜って気配と存在がいくつもいくつもそこかしこでしたときに全部が耐えられなくなって、コンタクトが落ちるくらいボロボロ泣いた。嫌悪感も薄くなるくらい見慣れた生き物たち。不潔で、ものが溢れてるのに何もない。私はこの家が嫌いだ。私があの人の娘であったらどんなによかっただろう。生理前のだめな時期なのは分かってる。そういう、自分を可哀想ぶって泣きたい時期なんだと思う。ちゃんとできない自分への怒りや憎しみがぐちゃぐちゃに混ざり合って家や家の人間に向く。私がちゃんとすればいい。それだけの話なんだけど。

この場所から逃げて、ちゃんと、働いて、このあとの人生は大好きな人と大好きなものにたくさん時間やお金をかけて暮らしたい。ずっとずっと幸せに暮らす。だから大丈夫です

f:id:go_nni_10:20180716163137j:image
日本一のショートケーキ

 

お給料はたいてミラーレス一眼を買った。買うまでに電気屋さんでひと悶着あったので疲れてしまって開封するまでに少し時間がかかった。買ったところでだいぶ気持ちが満足したっていうのもあったけど

 

写真が撮りたくてお出かけしたけど、全面ぼやけた写真かやたら背景がくっきりしてる写真しか撮れなかった。難しい。きれいな写真が撮れるようにいっぱい勉強したい

 

f:id:go_nni_10:20180710012158j:image

雨降った日の

 

20年と少し生きてきて今が一番幸せだと思う。生きづらさや人間への恨みを全くなくすことはこれから先もきっとできないけど、それでもどうにか立ち向かおうと思える。この灯りを見失わずにこれからも少しずつ頑張っていきたい。やっていきます

いいカメラ買ったけど、買うまでに色々あってしんどくて開封すらできていない。そしてまだしばらく開けることはできないだろう。早く使いこなしていきたい気持ちはあるのだけど。

 

バイト先の人と話していたなかで、「失敗してもやり直せるから」って話があった。衝撃的で喉のあたりにつっかえたような感覚がある。まじで言ってんのか

取り返せた失敗がなく、つみあげたものもなく、ただやり過ごすだけで生きてきた。

まじで言ってんのか。その人は日だまりの中で生きてきたような人で本当にそう信じ、それができた人であった。まぶしい

 

f:id:go_nni_10:20180701130024j:image

がんばったご褒美に、いい匂いがするヘアスプレー買ってもらったんだよ

写真もきれいに撮れた。写真撮るの好きだって分かったから近々ちょっといいカメラを買おうと思ってる

 

昨日は精神科に行った。薬をもらって美容室にも行って胸まであった髪の毛を肩より短くした。気分がいい

あと、何万回でも言うけれど、外国人のおじさん店員にかわいいねーと言われて嬉しかった。女性客には全員等しく言っているみたい。髪を切ったあとで髪型も気に入っていたから、浮かれてしまったよ。そんな風に言われたのは初めてだったから。

点と点でこの先もう交わることなんてないんだよ。 一瞬の人間関係でお世辞言ったところでメリットなんてないでしょう。だって私は可愛くない。そういう間柄の人間に一瞬でも人間の女の形をした生物だと認識されたことが嬉しかった

人間の女に見えるように頑張った努力を認められたようで嬉しかった

私が顔面の優れた人間であると遠回しな自虐風自慢ではないことを繰り返し言いたい

 

 

f:id:go_nni_10:20180629212632j:image

この柄可愛いでしょう

 

午前中勤務してた部署で働くの、今日で最後だと聞いていたのでちょっとしたお菓子とお手紙を渡しました。

帰りがけに担当の人に呼び止められて、何かと思ったら引き続き月曜日だけは来てくれないかとの打診だったので快く受けましたが、フライングしたみたいでちょっと恥ずかしくなりました。人間関係は困難です。

何もしないよりはそういう感謝をしているという姿勢を見せるということが大事だと思った私の気持ちを大切にしたい。大丈夫、間違ったことはしていない。

 

午前勤務あまりにも眠すぎて欠伸を連発してしまう。印象悪くなるかもしれないと思い立って通勤途中にコンビニに寄ってコーヒーを買う。遅刻する。3マス戻る

遅刻はいけないので、ちゃんと15分前に着くように早起きする。一瞬意識がなくなって運転がふらつくくらい強い眠気に襲われる。

人生を上がりかける。

お手洗い行くと言い残し、勤務先の敷地を出て自販機で缶コーヒーを一気して急いで戻る。一回休み。勤務先のコスチュームで缶コーヒーがぶ飲みしてる自分が好き。

微糖とかブラックより飲みやすいカフェオレを選んでしまいお腹がタプタプになるのと、出費が地味に大きいので、今日はカフェイン錠剤飲んで出勤した。朝起きた直後は眠いしだるいし終わってたけど、精神薬と併せて飲んだら怖いくらいに頭がしゃっきりした。やべえ薬なんじゃねえの。5マス進む。

 

コミュニケーションは等価交換なので、大して私のことは私が思うほど誰も気にしていない。薬がきれて通常状態になると、お前ら私のこと頭がおかしいと思ってるんだろ、と何をするにも怖くなってしまった。もう一生薬手放せないんだろうな

周りの人間が好き勝手にその場にいない人間を品定めしてああだのこうだの言うので、私は影でどう言われているのかと思うと胸が苦しい

神経症の人間は人を憎み生きていく運命にあるようですね。主語を大きくすると自分だけじゃないと少しホッとします

今日はコンビニのおっさんにものを聞き返されただけでぶちぎれそうになった。私はいつか人を殺すだろう

 

自己否定感が強いために、人一倍傷つきたくない。過去に受けた仕打ちの恨みを晴らすことだけが自分の軸になっている。誰かを見返すことで恨みが晴れると思っている。

復讐を果たすために地位や名誉を得ることにこだわり、僻みや被害妄想をこじらせている過程にいるのだと思う。それは心の中にある何かに対する不満や、だめな自分に対するどうしようもない怒りを地位や名誉で埋めようとしているにすぎない。

常に他人の目に支配されて、人にモノにすべてに恨みを持ち、憎むことでやっと生かされているんだからそりゃ辛いとしか。

ほとんどが引用です。私の言葉じゃないです。買っておいてずっと読まなかった本を少しずつ読み始めて自分ことが少しだけ分かるようになった

 

思ったより他人は自分のために生きていて、それを通すためにうまく人に取り入ったり頼ったりしているみたいだった。

会話イベントが発生するのが嫌で、人を頼る前に自分で片付けてしまう。手持ち無沙汰でいると、そこにいてはいけないような気がして、何かやることはありますかと聞いてまわっている。

それがいけないんだろう、誰がやってもいいような重要度は低い、けれどその日のうちに終わらせておかないといけない緊急度はそれなりに高い雑用は全部私がやってくれると思われて誰も手をつけない。部屋は冷房入っていて私だけいつも汗まみれになっている。うす寒くて周りの人は長袖を着ているのに、私だけ半袖を着ている。

手持ち無沙汰でぼけっと突っ立っている人たちにイライラする。RPGのモブ村人じゃないんだから………おそらく困っているんだろう、気を利かせてあれやって下さいなり指示を出したり、話しかけたり私がすればいいことなのだ。それすらも億劫で後頭部をぶん殴りたくなる。ていうかさ私より年上なんだからそれくらい…と思ってしまう

自分を守るために会話を避けてきたのに、結局自分を苦しめてしまった。何を守ってたんだろうね

なりふり構わずあれやって下さいこれやって下さい手伝ってくださいつって声張り上げていきますクソがよ

 

今日は一段と被害妄想が強かった。天気悪かったからか?

自分の後ろによその人の車が走ってるだけで、煽られてるような急かされるような責められているような気持ちになって本当に辛かった。私が前だと邪魔ですよね…すみません…みたいな

 

 

 

どんだけ表現変えたところで、どんだけ言葉噛み砕いたところで、生まれ育った文化が違う人に伝わるわけないんですよね

本当に最近しょうもないことでイライラしてて自分が嫌になる

相手は懐石料理出されてナイフとフォークで食ってるやつ(同僚)と、懐石料理出されて神聖な右手で爆食いしてるやつ(私)ですからね。てめえらがナイフとフォークつかって右手で食えって感じですね。組織なので私が箸使って懐石料理食わないといけない立場なのは重々承知の上です。

 

 

上のとは別件で、私より年齢が上の人でストレートに"ご指導"もらった方がほろほろ泣いていて、それを傍から見ていて素直にそこで泣けていいねと思ってしまった。もっと言うと、そこで泣けて周りからヨシヨシされて慰めてもらって話が終わっていいですねぐらいに思った。

強迫観念めいたこうしなくちゃいけないに体が縛られてどうすればいいか分からなくなって身動き取れなくなってしまうよ。…

そう思う自分が終わってると思えるくらいの自覚はある。もういっぱいいっぱいなんだろうな。ここが限界。余裕がない。頑張れば頑張るほど空回りして周りが妬ましくなるよ

 

仕事で"""ご指導いただいている"""最中に、泣こうもんなら「泣けば許されると思ってる」と相手に思われて余計きつく当たられると感じる呪いがかかっているので、そこで泣ける人が本当に妬ましいくらい羨ましい。

思う存分これでもかと泣いて周りにヨシヨシされてえよ。君は悪くないよ普段頑張ってるじゃんって認められてえよ私もよ。優しくなりたいよ、すべての人間を憎みながら生きるのって虚しいよ。お日様に、人に、すべてのものに感謝して優しい人になりたいよ。私みたいな人間がへらへらしてたって薄気味悪くて即悪感情抱かれて搾取されるだけだもん。あーあやんなっちゃうな