やっぱり古新聞紙よりもキッチンペーパーのほうが使い心地がいいけど、ガンガン使えるので用意してよかったと思う。

私の夏休みが終わる。好きなことしかしないでぼーっと過ごす時間は、私はこのまま生きてていいのかといいんだを繰り返してあっけなく終わった。早かった。

f:id:go_nni_10:20180819051415j:image

油汚れを拭き取る用に古新聞紙を畳んでいる。

キッチンペーパーを躊躇なく使えない。バチが当たると思っている。色と匂いが強くて油が多いものが付着した食器や鍋を出来るだけスポンジで洗いたくない。匂いと色がスポンジに移って汚染されるから。

かといって、スポンジで洗えるくらいに汚れが薄まるまで水をたくさん使いたくない。

だから洗う前にざっとキッチンペーパーで油たまりを拭き取るんだけど、それを拭うためにキッチンペーパーをたくさん使いたくない。…………

こだわりと優先順位がどうにもならなくて頭がはちきれそうになる。

昔、意識が拡散したまま洗い物をしていてカレー作ったあとの鍋にそのままゾリュッ…とスポンジを押し付けてしまったとき、あまりにも悲しくて全身の毛穴という毛穴からカレーが吹き出すんじゃないかと思うくらい取り乱した。匂いも汚れもとれないし、なんなら鍋を洗うとき以上に手間をかけ洗剤使って熱湯かけてスポンジを浄化させることに夢中になってしまった。汚染されたスポンジを簡単に見捨てることもできない。…

 

 

精神病院の待合室に婦人誌のバックナンバーが置いてある。最近は目が滑ってまともに文字すら読めないが診察までに1時間くらい待たされるので、頭の中で音読しながら読んでいる。婦人誌はライフハックがたくさん特集されていて思いのほか面白い。その中で油汚れは古新聞紙を使えと紹介されていた。

 

それだ。キッチンペーパー使うよりも罪悪感がない。こだわりが強いわりに根っからの面倒くさがりなので、解決策を探ることを一切してこなかった。

ちょうどよく古新聞紙がたくさん手に入ったので用意しておくことにした。こういうことには手間を惜しまない。用意することの面倒くささよりも、スポンジやキッチンペーパーに対するこだわりを侵されることへの恐怖のほうが強いから。

ちょっと手間だったけど生活が整う感じがしてすごく嬉しかった。新聞紙は見開きでA1サイズなので4等分するとA3。それを3回折ってA6にする。A4の紙で作った箱にぴったり入る…規格が同じだから……。規格が決まっているものは素晴らしい。

 

バイト年内にはやめるとかヤワイこと言ってたら辞めることすらビビって直属の上司に言えなさそうなので、もっと早めて有言実行していきます。10月末に辞めると伝えます。

f:id:go_nni_10:20180818164623j:image

おっきいケーキも食べたよ

すごく美味しかったので半分一気に食べた。ちょっともたれた。スポンジがフワフワなのと、チョコレートがキャラメル風味で特に美味しかった。去年は無職からバイト始めて車買って頑張って働いた一年だったので、今年はフルタイムで働く体力をつけたい。お医者さんにも言われてることだしね

年内には今働いているところは辞めようと思う

f:id:go_nni_10:20180817173208j:image

23さいになりました。夜になったらおっきいケーキも食べるんだよ

嫌いな人たちから離れて、清潔な家で好きな時間に寝て起きてご飯を食べて遊んで暮らしていると、自分が社会不適合なのを忘れてしまうなあ。人と馴染めず!仕事もできない!私のことを!

夏休み終わってほしくないなあ。もう惨めな気持ちにはなりたくないなあ。ここはヒグラシの声がよく聞こえる。

f:id:go_nni_10:20180816215030j:image

自分のためにレモンソーダのフロートを作ってあげた。夜ふかしをしてスナック菓子を口いっぱいに頬張りながらスター・トレックを見た。宇宙はすごい。清潔な家、清潔なキッチン、清潔なお風呂、私はもう無敵だと思う。

病院行った。

1ヶ月分サインバルタを処方してもらい、血液検査の結果を聞いて終わった。軽い有酸素運動をしたらもう少し楽になるよ、と言われた。

f:id:go_nni_10:20180809231159j:image

夜逃げ前夜

 

持つことすら許されなくて、自分でお金を払うからと言ってやっと手に入れた携帯。高校のときから自分でお金を払っている。

次女は何も言わずに高校入学時に与えられ、大学2年になる今の今まで親に支払ってもらっている。

短大は奨学金を借りて通った。2年のところを3年通った挙げ句に中退した。情けないと言われて居たたまれなくなって貯金を半分引き出して振り込んだ。それでもあと10年支払い続けることになる。車が必要になって、貯めたアルバイト代で車校に通った。ローンを組んで自分の車を買った。

次女は奨学金を借りずに進学した。在学中に免許をとった。学費も車校のお金も私名義の学資保険を解約して親が支払っていた。

学資保険は祖母が私の名義で貯めていてくれた。23歳の誕生日になったら満額でおりるはずだった。私の名義になっているだけで、私のお金ではないのだけれど。

祖母からその年になったら好きなことに使えるように積み立てていたと聞かされていた。

 

辛くてどうしようもなくて身内に頼れなくて薬飲んでやっとちゃんと働けるようになった。私はえらい。えらいなあ。どうして同じ兄弟なのにこんなに扱いが違うのか。

親を恨むべきなのに妹を恨んでしまう。恨んだってどうしようもないのにね。でも偉そうな口を叩かれるたびにお前は恵まれたところにいると思って憎く思ってしまう。話してて楽しいときもあるのにね。

スーツケースに荷物を積み込んでいるときに酔って上機嫌の父親からもう帰ってくるなよみたいなことを冗談めかして言われたことが何だかとても辛かった。明日から私は夏休みだ。もう夏休みが終わってもずっとこの家に帰ってきたくないなあ。

 

電子ピアノの足場の部分を折りたたんで車に入れるとき、無性に悔しかった。もともと使っていた私のオルガンは無断で私の部屋から運び出されて妹の部屋にある。鍵盤は埃をかぶっていた。つかわないなら私から取り上げなくてもよかったじゃない。お前は何でも私から奪っていくね

 

そんな自分のことを可哀想ぶって言っても、私も練習さぼっているから電子ピアノ埃をかぶっていたんですけどねw

あともう少しで23歳になるから学資保険の話を親に振ったらないと言われて、使いみちを聞いたら次女のことに使ったと聞いてショックだった。明日から楽しい夏休みなのにグジュグジュ引きずりそうで吐き出してしまった。

私は大丈夫だ。私はえらい。自分の足で立てる。もう親を頼らないで生きていける