8.22

f:id:go_nni_10:20170822085431j:image

デッドプール

 

おぞましい話ではありますが先日母親の肛門からこの世に生を受けて22年経ちました。生まれたからってそんな理由だけでケーキを食べてよかったり、デッドプール 2枚組ブルーレイ&DVD (日本限定アート グリーティングカード付き)(初回生産限定) [Blu-ray]がフィギュアとセットで、amazonから送りつけられたりするんですね。フィギュアは目のパーツを1つずつ付け替えられるし、お腹が蛇腹になっているのでちょっと激しいポージングも難なくこなせるハイパー仕様になっているのですごいフィギュアです。

呪われることはいずれにせよ、まともに祝われる立場にいるのはほぼ初めてのことだったので動揺が尾を引いてXデーから数日経つのに枕元にデッドプール 2枚組ブルーレイ&DVD (日本限定アート グリーティングカード付き)(初回生産限定) [Blu-ray]を置いて起きるたびに夢じゃなかったと確認しています。まあそれは嘘なんですけど

頭皮に666の刻印がなされた悪魔の子だったとか肛門から頭を出した瞬間に、というか性別がわかった瞬間に親類からため息をつかれたとかどうとかという話がありましたが、祝われること、それはつまり私が生まれてきてよかったということだとすべてを許されたような気持ちでいます。肛門から這い出てきた時点で呪われた子だというのは間違いないのですが、呪いと祝いって似てますしね。下水に流されることがなくてよかった。最近のトイレは席を立っただけで流されていきますから。

 

広告を非表示にする

8.16

f:id:go_nni_10:20170816213816j:image

エイ!

 

バイト先がお盆休みだったので車で色んなところに行った。車があるとどこにでも行けるんだなって思うと嬉しくて、ずっと天気は悪かったけどすごく楽しかった。

反面明日からまたバイトだと思うと気が重いけど2日頑張れば土日でお休みだし、2日くらいだったらなんとか乗り切れそう。週休5日制で生活できたらいいのになあ、地に足をつけろってアイアンマンのおじさんも言ってたけど難しい。情緒が少しずつ穏やかになってきたような気がする、もう少し頑張りたい

広告を非表示にする

8.8

どうにもならないぼんやりした状態が薬を飲むとぴたっと収まる。こころなしかバイト中の自分の使えなさからくる居たたまれなさも必要以上に感じずに頭の切り替えがきく気がする。

薬に頼りたくなくて気分が悪いときだけ飲んでいたけれど、毎日職場の人間が入れ替わる8月の間はどうしてもバイトがきついから常用したほうがいいかもしれない。飲む期間が開くと薬が抜けたときの脱力感や疲れが凄まじく、眠くなってしまうので飲む時間に気をつけないと車で帰れないけど、仕事にならないよりはずっといい。定期的に通院したほうがいいのかもしれない

昨日はバイトに行くことがすごく嫌だったけど、天気もそんなに崩れずに何事もなく終わったのでよかった。

 

***

薬が抜けたからだと思っていた症状は、薬の効き始めだったのかもしれない。血中濃度が一番高くなる時間帯になると頭がふわふわして気分が高揚する。一時的に脱力感や眠気を感じるが、30分〜1時間で落ち着き逆に気分の高揚から眠れなくなったり、衝動性が強くなる。

この時間帯に車を運転すると、寝そうになったりスピードを出しすぎてしまったりする。判断力も鈍るので飲む時間を調整しないとまずいかもしれない。

飲みはじめの、「ああこれで大丈夫だ」というフラットな状態だけが続けばいいのに、と思う。頭の中の自分の声が聞こえない状態が本当に泣きたくなるくらい救われた気持ちになる。

広告を非表示にする

8.7

f:id:go_nni_10:20170807125308j:image

自分の食べたいものがわからない。迷ったあげくにミスドに入ってドーナツを食べてからしょっぱいやつが食べたかったなって思った。

 

シロップのライブが10月にあることを今日知った。COPYの16周年記念ライブらしい。なんで16年…と思ったけど16gとかけてるんだね、そうだよね。先行終わってたので一般でとるしかない、行きたい

ライブ、Krankeだけ行ったことある。再始動したあとのアルバムはほとんど聞いてなくて何もかも分からないままいった。周りとの温度差がすごかった。ライブグッズも何も買わずぼけっときいてるだけだし、好きだっていうのが怖くなるくらい浅くて薄っぺらいのに、それでもラストのRebornに何か励まされたような気持ちになって帰ってきた。

交通費を考えると東京だけど、せっかくだから足を伸ばして宮城とか他の地方に行くのもいいかもしれない。そんなこと言うけど多分行かないと思う、ライブ自体行かないかもしれない。ライブのチケットとって当日に行くっていうような一連のことをこなせる自信がない

 

やることなすこと全てに自信がもてないので、もう何が好きで自分がどうしたいのかが年々自分でも分からなくなってきているのを感じる。そういうのを嗅ぎ取られやすいのか人から怒られたり、イライラされたり八つ当たりされることが日常生活の中で多い。

前までは自分に向かっていた攻撃的な感情が他人に向いてきている気がする。子どもみたいに、こうなったのは私のせいじゃないってわめきたくなるし泣きたいしこんな風になるつもりじゃなかった。身内と顔を合わせるたびに甘えてるって言われるのが辛い。

私は頑張ってるはずなんだけど、ちゃんと正社員で就職して実家にお金いれるか一人暮らししなければ人から許されることはないみたい。私は今がぎりぎりだから年金も払えない週20時間しか働けない人とまともに意思疎通がとれないゴミみたいな自分でも許してあげたいよ

成功体験を積み重ねる前にバイトを始めたことが間違いだった?でもあのタイミングで始めなければ勘当されてたと思う。

もう何もできる気がしないし、何もわからない何も考えたくない。こうなるはずじゃなかったんだよ

こんなこと言っていたってどうにもならないのにね

広告を非表示にする

8.5

f:id:go_nni_10:20170805234108j:image

ひまわりの花火

 

アサガオの花火や、流れ星みたいにしゅーっと流れてしばらく空に残っている花火がとてもきれいだった。最近の花火は煙が空にあまり残らなくてすごい

 

冷やしパインとじゃがバター、たこ焼きとベビーカステラを食べた。おいしかった

内定が出て就職先が決まったよって報告されておめでとう、よかったね!って返せたのでよかった。私のことも聞かれたけど、バイトの身分だと言えずにムニャムニャごまかしてしまった。そういう見栄っ張りな自分が恥ずかしくて惨めでどうしようないので嫌い

その子の目は自信に溢れてきらきらしていた、生きる力にみなぎっていてなんだか無性にいたたまれなくなった。

 

頑張った髪の毛や指先、着物姿の自分に浮かれた。周りと同じように花火大会に馴染めたような気がして嬉しかった。

途中で着合わせが死人になっていることに気がついて呆れた

若い女の子のきゃらきゃらした話し声、けんかをしているような男の人の大きい声、暑くて汗ではりついた着慣れない着物、私の足には小さい下駄、たくさん人がいて、色とりどりの出店に意識があちこち散乱してしまって苦労した。

着物を着ておしゃれをしてお祭りのごはんを食べるのは楽しかったし、花火もすごくきれいでよかったけど、こうやって会場に出向いて花火を見ることはこの先どんどん難しくなっていくかもしれない

広告を非表示にする

8.1

お風呂に入りながらゲームしたりお菓子食べたりコーラ飲んだりするから、あははって笑っていた人を思い出して、お風呂にクッキー持ち込んで食べてみたけどあまりいいものでもなかった。ちょっとのぼせたし

人生をなんでも楽しんで生きているような人だったので、それがとても羨ましくてあやかろうと思ったけど余計むなしくなってしまった

 

楽しい人の真似をしても面白い人の真似をしても私は所詮私でしかないので何も変わらないというか、「私は私だ(から、だめなんだ)」を強化してしまうようでなんにもならない。

 

基本的な生活習慣を相応の時期に習慣化できなかった。もともとの怠けた性格が拍車をかけて、やるっちゃやるんだけれども人間として生きている建前上のような、精神的な言い訳やアリバイづくりなのでどこか拙さがありぎこちない

お風呂に入っても何秒入ってれば「お風呂に入った」にカウントされるのかわからないので、最近は湯船にちょっと入ってあとは濡れてもいい古本屋さんで買った本を読んで過ごすことが多い。

真剣に悩んでいるのでそれとなく他人に聞いてみたことがあったけど、自分が入りたいだけ入ればいいんじゃないってふわっとしたその場しのぎのような、そういう答えがいつも返ってくる。何かを当たり前に自然にできる人間は、自然にできない私みたいなやつのことわけわかんないんだろうな。被害妄想で興味がなかっただけかもしれないけど

 

どこかで大きく変えようとするからだめなのか。求めよ、さらば与えられん。求めることすらままならぬお前は一生このままでいろ、という神さまの思し召しなのかもしれない

神さまの御心のままに……。だめ人間の引力圏を抜け出すことができずに布団に体が引っ張られてしまう

引力圏を突破するには、神さまにばれないようにちょっとずつ地道に習慣化するしかないみたいだ。

よくやった。火曜日もお疲れ様でした。おやすみなさい

 

広告を非表示にする

7.31

f:id:go_nni_10:20170731215038j:image

紺色の下地に黄色いアサガオ模様の着物を買った

 

7月も今日が最後かと思うとあっという間だったな。車を買ったくらいで何も思い出せない。6月よりは穏やかに過ごせたような気がする。8月になったら、花火を見に行ったり隣の県まで海を見に車でお出かけをするので今からすごく楽しみな気持ち!

 

車に関して、あったものがなくなると気持ちが乱される特性がガソリン量でも発揮されてしまい、メーターの目盛りが1個減るだけで体がズタズタになるような気持ちがする。

これがなくなれば、私は永久に帰れなくなるのかと思う。そして、なくなったときのガソリンの補充が死ぬほど苦手なので耐えられない。無人のガソリンスタンドに行きたいが、無人無人で不安なので有人のところへ行くと毎回わけの分からない言葉で話されるので運転席で途方に暮れている。

ガソリンスタンドってそもそもなんだよ、匂いは好きなんだよな…1Lいくらって感じも好きなんだけど、どうしてもガソリンスタンドに生息する大きな声を出す生き物は苦手だ

 

8月が終わったらバイトを増やしたいなあって思ってるんだけどこれでバテたら意味がないので、もう少し働くところと時間、日数をもう少し考えてバイトできるかどうか考えてみようと思っている

地に足をつけて生活したい、何やっても今の自分が許せない。地に足をつけた生活って何だ、実家から出て一人で暮らせるようなそういうやつだ。余計なことばかり言ったりやったりしていてもう無理って気もする

広告を非表示にする